温室泉質ランキングガイド

ランキング順位は随時更新していきます

新規登録 ログイン
ゲスト さん
お問い合わせ

湯質泉質ランキングガイドとは

湯質泉質ランキングガイドは、入浴場に掲示されている温泉分析書を基に、サイト運営事務局が成分と成分量に基準を設けることで源泉と泉質にそれぞれランキングを付けていき、一般の方でも本物の源泉かけ流しや温まる泉質、女性が求める美肌になれる泉質探しが簡単にできるサイト内容となっております。

具体的には源泉や泉質を調査した評価内容と、ユーザーが実際にその温泉に入湯した時の湯質の感想を投稿していただき、情報を掛け合わせることで湯質泉質の総合ランキング順位となり、自分が求める源泉探しが出来る内容です。

つまり源泉や泉質、湯質に評価を付けることは、例えば県内で美白肌の湯で何位と順位付けされることになり、旅先や湯治先を決める上での新たな手段の一つになるのと、地域エリア内で既に入湯したことのある泉質との比較もできるなど、ユーザーがそれぞれの源泉特有の持ち味に着眼することができるようになります。

また美肌の6項目の泉質については、数値を円グラフ化することで泉質の特徴が一目で理解できるようになっていることや、温泉旅館・施設をお気に入りに追加して、今後行きたい湯宿として管理したり、自分が入湯した温泉旅館・施設の湯質を評価付けをして自分の軌跡として管理していくこともできます。

さらに他のユーザーのお気に入り温泉旅館・施設のデータを参照できることや、自分が高い評価をした温泉旅館・施設を同じく高く評価している他のユーザーの評価データを参考にしながら、温泉旅館・施設選びの楽しみを増していけるものです。



源泉泉質調査表の見方

源泉や泉質の評価については、サイトの運営事務局の独自の評価基準により評価されるものとします。

具体的な源泉の評価については、湧出量・泉温・飲泉の可否・浴槽の深さの4項目の合計評価とし、合計24評価を最高評価とした「金印源泉」、合計23・22評価を「銀印源泉」、合計21・20評価を「銅印源泉」として、一般の方でも源泉のランクが分かりやすいように数値やアイコンで表示しております。

また温まりに関しても、5つの成分で成分量5項目の合計評価とし、合計18評価以上を最高評価とした「温まり金印源泉」、合計15評価以上を「温まり銀印源泉」、合計12評価以上を「温まり銅印源泉」とし、さらに美肌に関してはタイプを6タイプに分けて各泉質ごとに6項目の合計評価とし、合計24評価以上を最高評価とした「美肌金印源泉」、合計18評価以上を「美肌銀印源泉」、合計12評価以上を「美肌銅印源泉」として、泉質ごとに美肌のランキングが分かりやすい数値やアイコンによって表示しております。

(6タイプに分けた美肌泉質についても、各タイプ別に評価をしておりており、6段階評価の内訳として6評価は金印泉質評価、5評価は銀印泉質評価、4評価は銅印泉質評価となります)

そしてそれぞれの源泉評価と温まり泉質評価、美肌泉質評価の合計評価により源泉泉質のランキング付けをしております。


源泉ランキングについて 本物の源泉掛け流し4つの要因とは
  1. 源泉の湧出量が毎分25リットル以上ある

    湧出量は、源泉掛け流しの湯船にするためには大切な要因となります。例えば24時間入浴できるようにするためには、湯船に注ぎ込まれる大量の湯量が必要となりますし、また湯船の深さの理由としてもあるように、深い湯船を作るためにも大量の湯量が必要となります。24時間入浴と深い湯船は、大量の湧出量を持つお湯へのこだわりがある湯宿だからこそできることで、湯宿の余裕が垣間見られるのです。(湯船が深いとお湯を抜いて溜まるまでに、湧出量が多くても10時間以上かかる場合があるなど不利な点もありますが、湯質の感触が格段にあがります)

  2. 源泉の泉温が43度以上ある

    なるべくお湯の温度は源泉そのままでの入浴が理想となりますが、温度が低い場合は加温しなければならず、加温することで源泉本来が持つ泉質の良さが消えてしまいます。つまり地熱と人工的な熱では体内への浸透が全く違うためで、同じ熱でも地中の奥深く1000度以上の高温で無限に温まってきた地下水(いわゆる源泉)は体を包み浸み込んで温める力が強いのです。また時間という観点から見ても、源泉のお湯は空気と触れることで酸化し劣化し始めます。つまり源泉から湧き出て湯船に注ぎ込まれるまでの温度と時間が重要なのです。例として硫黄泉では、マグマのガス成分を含んで熱せられた地下水が、地上に出てきて初めて空気に触れることで酸化という化学反応をおこし、白く濁ってしまうことからも分かります。

  3. 湯船の深さが60cm以上ある

    お湯の中では体が水圧によって圧迫されウェスト部分が3〜5p縮むことなどから、静水圧を考慮して心臓にあまり負担をかけない浴槽の深さが、約60cm以上がのぞましいとされております。例えば湯船内の階段に一段腰をかけて、みぞおちまでの高さに湯張りをすると、心臓にかかる負担がもっとも少なくなります。一般的に湯船を作る際にはある程度の深さをもった湯船にしますが、深い湯船での全身浴は良く温まるだけでなく、満足感やリラックス作用が格段に高くなります。しかし湧水量が少ないと加水しない限り、必然的に浅い湯船になってしまい温泉水の密度(張り、あたりとも言う)が間延びになり、源泉本来の泉質らしさが失われてしまうこともあります。

  4. 「飲泉」が出来る源泉である

    飲泉許可が下りていることを条件として、飲泉は源泉の湧き出ている湯口から直接汲んで飲むことをおすすめします。つまり飲める源泉ということは、それだけ鮮度が高く新鮮で身体にとっても安心な源泉の証です。また泉質として濃度も濃すぎないことから、源泉を味覚でも楽しむこともできます。また飲泉することは「大地に育成する野菜と同じミネラルを含んでいる」ことから野菜を食べるのと同じだともいわれており、体が喜ぶ行為であることを昔から自然と分かっていたかのようです。 (症状によっては飲泉をおこなってはいけない場合もあります。)


源泉温まり泉質ランキングについて 温まる5つの泉質とその要因とは
  1. 源泉に「塩素イオン」が規定数量以上含まれている
  2. 源泉に「炭酸水素イオン」が規定数量以上含まれている
  3. 源泉に「硫酸イオン」が規定数量以上含まれている
  4. 源泉に「硫化水素イオン」と「遊離硫化水素」と「チオ硫酸イオン」の合計が規定数量以 上含まれている
  5. 源泉に「鉄イオン」が規定数量以上含まれている

    源泉に含まれる「塩素イオン」、「炭酸水素イオン」、「硫酸イオン」、「硫化水素イオン」等、「鉄イオン」の粒子が皮膚から吸収されることで血管の拡張作用を促すことや、源泉の成分と皮膚表面の脂質やタンパク質などが結合し、一種の膜を形成して汗腺を覆うことにより、汗の蒸発が抑えられるためだとされております。 (これが「温まり」の要因となります)またこれらの成分を湯気として体内に取り込むことで、血の巡りが格段に良くなることがあげられます。ゆえに「温泉力」がある源泉に入ると、汗が止まらない状態になり、この状態が続くことで身体が芯から温まることになるのです。したがって風呂上りの際にはシャワーなどで身体を洗うような行為は逆効果となります。


源泉美肌泉質ランキングについて 美肌になる泉質の6タイプとその要因とは
  1. 「シミ・クスミのない美白肌」(硫黄泉)

    この泉質については「硫化水素イオン」と「チオ硫酸イオン」、「遊離硫化水素」の合計成分量が規定数量以上含まれていることを条件とします

    「シミ・クスミのない美白肌」の効果として「硫化水素イオン」と「チオ硫酸イオン」「遊離硫化水素」が含まれる(硫黄泉)ことにより、毛細血管の拡張機能が働き、血の巡りが良くなることで、酵素や栄養が順調に供給され、同時に滞りがちな老廃物も運び出されて、その結果クリアな美肌へと導いてくれる効果が期待できます。また、殺菌作用が強く上皮の角質をやわらかくして溶かしてくれる作用があることから、テカリ肌やニキビ肌、毛穴の黒ずみにも効果があり、さらに最近ではシミとなってしまうメラニン色素の生成抑制効果があることも明らかとなっており、美白効果や活性酸素の働きを抑える作用も期待できます。しかし肌への刺激も強いため、人によっては入浴後にシャワーなどで体についた温泉成分を洗い流すことも必要となります。


  2. 「潤いのあるしっとり肌」

    この泉質については「メタケイ酸」が規定数量以上含まれていることを条件とします

    「潤いのあるしっとり肌」の効果として、「メタケイ酸」と併せて泉質に「カルシウムイオン」が含まれることにより、その相乗効果で皮膚表面の角質層に水分や脂を十分に保つことや、皮膚表面の角質化が促進される効果が期待できます。さらに肌の水分や脂を適度に保つだけでなく、角質膜形成を促進することで、保湿トリートメント効果が期待できるこの成分は化粧品にも含まれていることが多く、またお湯の熱の伝導性が低いことから保温効果があることなども上げられます。肌触りがやわらかく「とろみ」のある感触のお湯は、入浴することで化粧水を数分間浴びているともいえる状態となり、風呂上りは潤いのあるしっとりとした肌触りが期待できます。


  3. 「アンチエイジング効果でツルツル肌」(旧明礬泉・酸性泉)

    この泉質については「硫酸イオン」が規定数量以上含まれていることを基準として、併せて「水素イオン」が規定数量以上含まれているか、または「アルミニウムイオン」が規定数量以上含まれていることを条件とします

    「アンチエイジング効果でツルツル肌」の効果として「硫酸イオン」と併せて泉質に「水素イオン」(旧酸性泉)が含まれているか、または「アルミニウムイオン」(旧明礬泉)が含まれていることにより、伴に殺菌作用や制汗作用で肌表面に付着している細菌も退治してくれる効果が期待できます。酸性泉は皮脂のみならず表面の角質を溶解・除去する(ケミカルピーリング)効果や、また旧明礬泉は皮膚の組織や粘膜を引き締める収れん作用(アストリンゼント)によりお肌のキメを整え、たるみに対抗するリフトアップ効果が期待できます。つまり肌のアンチエイジングにはピッタリの泉質であると言えるものです。しかし肌への刺激も強いことから人によっては入浴後 にシャワーなどで体についた温泉成分を洗い流すことも必要となります。


  4. 「パウダー効果でさらさら肌」(旧石膏泉)(旧重炭酸土類泉)

    この泉質については「硫酸イオン」が規定数量以上含まれているか、または「炭酸水素イオン」が規定数量以上含まれていることを基準として、併せて「カルシウムイオン」が規定数量以上含まれていることを条件とします

    「パウダー効果でさらさら肌」の効果として、「硫酸イオン」または「炭酸水素イオン」と併せて泉質に「カルシウムイオン」が含まれる(旧石膏泉)(旧重炭酸土類泉)ことにより、鎮静作用により乾燥肌のかゆみを軽減し、打ち身や火傷・切り傷・捻挫、また皮膚病では乾癬、慢性湿疹、ニキビなどの肌の改善にも効果が期待できます。石膏成分がお肌の上にうっすらと付着し落ちにくいことでパウダー効果を発揮し、肌触りが「しっとり」「さらさら」の美肌に導いてくれるのです。また石膏はその解熱作用により生薬として用いられることも多く、それゆえに石膏泉は飲用にも適しているのです。つまり石膏泉は体にもやさしい泉質であるといえるのです。


  5. 「ハリのあるプルプル肌」(旧芒硝泉)

    この泉質については「硫酸イオン」が規定数量以上含まれていることを基準として、併せて「ナトリウムイオン」が規定数量以上含まれていることを条件とします

    「ハリのあるプルプル肌」の効果として、「硫酸イオン」と併せて泉質に「ナトリウムイオン」が含まれる(旧芒硝泉)ことにより、老廃物の排出・新陳代謝を高め皮膚を健やかにすることで、コラーゲン生産の促進作用や抗酸化防御機構の活性化作用が期待できます。ふわりとまとわりつくような質感のお湯により、皮膚の水分含有量を増加させることで、肌に潤いをあたえ弾力やふっくらとしたハリを与えて衰えがちな美肌力を活性化させてくれるのです。この成分は化粧品や入浴剤に保湿剤としてごく普通に含まれていることがあり、風呂上りはかけ湯をすることで温泉効果がより期待できるものです。


  6. 「キメの細かいスベスベ肌」(旧重曹泉)

    この泉質については「炭酸水素イオン」が規定数量以上含まれていることを基準として、併せて「ナトリウムイオン」が規定数量以上含まれていることを条件とします

    「キメの細かいスベスベ肌」の効果として、「炭酸水素イオン」と併せて泉質に「ナトリウム」イオが含まれる(旧重曹泉)ことにより、古い角質層を柔らかくして皮脂や老廃物を乳化にして汚れを落とす石鹸のような働きをもつ効果が期待できます。重曹成分のもつ研磨作用はクレンジング効果が高く、肌の表面をなめらかに整え「スベスベ」にしてくれることで、美肌作りを助けてくれるのです。これはまさに日本の「美肌の湯」の代表的な泉質であると言えます。そして風呂上りはさわやかにスッキリした肌触りで清涼感があることから「冷えの湯」と言われることもありますが、潤いや保湿の作用がないこともあり、皮脂が奪われすぎることもありますので、入浴後の保湿ケアをすることでその効果が保たれます。


源泉泉質合計ランキングについて 源泉泉質合計ランキングの見方

源泉や泉質の評価については、サイトの運営事務局の独自の評価基準により評価されるものとします。 具体的な源泉の評価については、湧出量・泉温・飲泉の可否・浴槽の深さの4項目の合計評価とし、合計24評価を最高評価とした「金印源泉」、合計23・22評価を「銀印源泉」、合計21・20評価を「銅印源泉」として、一般の方でも源泉のランクが分かりやすいように数値やアイコンで表示しております。
また温まりに関しても、5つの成分で成分量5項目の合計評価とし、合計18評価以上を最高評価とした「温まり金印源泉」、合計15評価以上を「温まり銀印源泉」、合計12評価以上を「温まり銅印源泉」とし、さらに美肌に関してはタイプを6タイプに分けて各泉質ごとに6項目の合計評価とし、合計24評価以上を最高評価とした「美肌金印源泉」、合計18評価以上を「美肌銀印源泉」、合計12評価以上を「美肌銅印源泉」として、泉質ごとに美肌のランキングが分かりやすい数値やアイコンによって表示しております。
(6タイプに分けた美肌泉質についても、各タイプ別に評価をしておりており、6段階評価の内訳として6評価は金印泉質評価、5評価は銀印泉質評価、4評価は銅印泉質評価となります)
そしてそれぞれの源泉評価と温まり泉質評価、美肌泉質評価の合計評価により源泉泉質のランキング付けをしております。


湯質ランキングについて 湯質評価の基準
湯質ランキングについては、ユーザーが入湯した際の湯遣いとしてのお湯の温度、温まり感、お湯から受ける肌感触や体感、入湯した後の美肌効果などの感想と評価を投稿していただくことで、他のユーザーとのお湯の入湯感を共有するものです。
評価基準は5つの項目があり
  • 湯遣いとしての入浴温度は?  (例 適温や高い・低い等)
  • お湯の温まりと発汗作用は?  (例 身体が温まり汗が止まらない等)
  • お湯から感じる肌の感触は?  (例 お湯のすべすべ・さらさら感等)
  • お湯から受ける体の体感は?  (例 お湯のまとわり・揉まれる感等)
  • 入浴後の肌への美肌効果は?  (例 肌のプルプル・しっとり感等)
※上記5項目を6段階で評価をし、その評価数値は湯質泉質総合ランキングの順位に反映されます。


湯質泉質総合ランキングについて 湯質泉質ランキングガイドの見方

湯質泉質ランキングガイドは、入浴場に掲示されている温泉分析書を基に、サイト運営事務局が成分と成分量に基準を設けることで源泉と泉質にそれぞれランキングを付けていき、一般の方でも本物の源泉かけ流しや温まる泉質、女性が求める美肌になれる泉質探しが簡単にできるサイト内容となっております。
具体的には源泉や泉質を調査した評価内容と、ユーザーが実際にその温泉に入湯した時の湯質の感想を投稿していただき、情報を掛け合わせることで湯質泉質の総合ランキング順位となり、自分が求める源泉探しが出来る内容です。
つまり源泉や泉質、湯質に評価を付けることは、例えば県内で美白肌の湯で何位と順位付けされることになり、旅先や湯治先を決める上での新たな手段の一つになるのと、地域エリア内で既に入湯したことのある泉質との比較もできるなど、ユーザーがそれぞれの源泉特有の持ち味に着眼することができるようになります。
また美肌の6項目の泉質については、数値を円グラフ化することで泉質の特徴が一目で理解できるようになっていることや、温泉旅館・施設をお気に入りに追加して、今後行きたい湯宿として管理したり、自分が入湯した温泉旅館・施設の湯質を評価付けをして自分の軌跡として管理していくこともできます。さらに他のユーザーのお気に入り温泉旅館・施設のデータを参照できることや、自分が高い評価をした温泉旅館・施設を同じく高く評価している他のユーザーの評価データを参考にしながら、温泉旅館・施設選びの楽しみを増していけるものです。



泉質の評価と単純泉

成分量の総量について、同じ泉質でも成分量が多い泉質と成分量が少ない泉質のお湯では、同じ条件(お湯の温度・時間)で入浴した場合を比較すると、成分量が多い泉質の方が深部体温が上がることにより温まりやすい温泉であると言えます。

このサイトでは「温まり」を基準としていることから、様々な成分が多く入っている泉質をより温まる源泉としておりますが、成分量が多く入っているだけにお湯の感触も重く感じられ、時には湯疲れをする場合があります。

また総成分量だけから考えると「単純泉」は成分量が少ないため「温まり」というカテゴリーからは外れてはしまいがちのように思われますが、含有成分が少ないことにより効き目が弱いということではなくマイルドで刺激が少なく、どんな方にとっても入浴しやすくい泉質であると言えます。

さらに「単純泉」でもマグマ溜まりに近い源泉は成分量が少なくても温まりやすいことなどから、総成分量が効能の全てと思われがちですがこの限りでないこともご理解ください。

成分が少ない泉質である「単純泉」は、奥深い成熟した源泉で刺激も少なく肌触りが柔らかくて「リラックス効果」を求めるには適しており、また成分量が多い源泉は、標高が高い所に位置する場合が多く、若い源泉で「療養効果」を求めるには適しているなど大きな違いがあります。

同じものが二つと無い源泉は、様々な成分がいろいろな割合でまざり合うことでその源泉独自の特徴となっていき、時には色の付いた温泉となる場合もあります。(色は全部で11色あり濁った色になることもあります)

それらの温泉は人工的には絶対に作り出せないものなので、この自然の恵みを享受しないことは全くもったいない限りではないでしょうか。



評価範囲外の泉質

泉質の評価で「単純二酸化炭素泉」と温泉通が好む「単純放射能泉」については、このサイトの評価基準となる温度・成分・成分量の観点から考えると、両泉質ともに温度が低めであることや、成分が泉質の主成分とならない炭酸ガスやラドンで評価基準にはあてはまらないもとし評価をしておりません。
ページのトップへ戻る